【学区とは?】土地探しと切り離せない学区の基礎知識

土地探しのヒント
公開日  2021/04/01
最終更新日  2021/04/01

お子様がいるご家庭なら「土地探し」と「学区」は切っても切り離せない大事なポイント!
なぜなら、土地を決めれば自動的に「学区」が決まるからです。

今回は、「学区とは?」という基本的な知識から、そもそもどんな点に注意しなければならないかをお伝えしていきます♪

 

まずは学区の基礎知識をおさらい 

住んでいる地域によって、どこの公立小学校・公立中学校に通うかはあらかじめ決められています。

これを「学区」と呼びます。

 

つまり、住んでいる土地が決まれば自動的に学区が決まるということです!

 

土地探しの時に注意したいのが、家から一番近い学校に通えるわけではないという点

 

しっかり調べておかないと、次のようなトラブルも。

 

「すぐ近くにある小学校は、隣の市の小学校で、学区が違うので通えない」

「入学の時期になってから、子どもの通う学校がかなり遠く、バス通学が必要だと知った」

 

地図上の情報や、土地周辺を見て回った時の印象で決めてしまうのはとっても危険!

事前に、その土地の学区を確認しておきましょう◎

 

 

 

「越境通学」とは?どんな場合に認められる?

 

 

 

学区について調べているなら、「越境通学」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。

 

越境通学とは、決められた学区の学校へ通わず、別の学区の学校へ通うことが「特別」に認められるケース

もちろん、誰にでも適用されるわけでありません!

 

たとえば、次のようなケースです。

 

・卒業直前に引っ越したが、引っ越し前の学校で卒業したい。

・いじめや登校拒否など特別な事情がある。

・共働きで学童保育を利用する際に、学区外の学童保育の方が近い。

 

このような場合に申請すれば、特別に越境通学が認められることがあります。

 

ただし、あくまで越境通学は例外!

安易に可能だと考えるのは危険なので、もし検討する場合は、事前にしっかり確認しておきましょう。

 

 

 

マイホーム購入のタイミングと学区

 

 

 

学区を考慮した上で、マイホーム購入はいつがいいでしょうか?

続いて、入学前と在学中それぞれの考え方をお伝えします。

 

 

ベストなタイミングは入学前

マイホーム購入のベストなタイミングは、やはり入学前です!

入学前なら、学区が変わることを気にする必要がないので、土地探しの自由度が高まります。

 

たくさんの選択肢の中からベストな土地を探せるでしょう◎

 

学区に縛られる必要がない分、通勤距離・スーパーや病院などの施設・治安・眺望などなど、他の条件にもこだわれます♪

 

また、評判のいい学校に通える学区を基準に土地探しをするのも1つ。

学区は土地の価格にも影響するので、その点も踏まえながら理想の土地を見つけましょう。

 

土地探しには数年かかることもあります。

探し始めてすぐ理想の土地が見つかるとは限りません。

 

お子様の入学時期も見据えて、早めに土地探しを始めましょう

 

 

「在学中」なら学区内を検討

お子様が在学中なら、現在通っている学校に通える範囲で土地を探すことが一般的。

まずは学区を確認してから土地探しをスタートしましょう!

 

エリアが限られている分、理想の土地を見つけたいと思ったら、じっくり探すことが大事。

在学中の場合も、早めに土地探しをすることをおすすめします。

 

また、もし卒業間近なら、越境通学が可能かどうかは事前に確認しておきたいポイント。

越境通学ができない場合、マイホーム購入のタイミングを遅らせるのも1つかもしれません。

 

家族でよく話し合い、悔いのないタイミングで家づくりをしたいですね。

 

 

 

「土地探し」と「学区」は切り離せない重要ポイント

 
 

 

お子さんがいる家庭なら、「学区」を踏まえて土地探しをするのがおすすめ♪

 

土地が決まれば、学区が決まる!

土地を購入したあとに「知らなかった」とならないために土地探しの段階から、

専門家へ学区のことも相談していきましょう


 

 

 
SHARE
まず何をしたらいいか、分からない方に!

うちマッチ

コンシェルジュ