デザイン力だけではない! 性能の高さも魅力的な八幡の家づくり:株式会社八幡(東京)

注目の住宅会社
公開日  2021/06/15
最終更新日  2021/06/15

世の中が持続可能な社会へシフトしようとするなか、性能のよいエコな住宅に注目が集まっています。特に、家庭で創り出す電気量が、使用する電気量を上回る「ZEH(ゼッチ)」は、国から補助金が出ることもあって人気です。今回はZEHの実績多数、東京多摩エリアを拠点とする住宅会社「八幡」をご紹介します。

 

ZEHなら吹き抜けをつくっても快適に暮らせる

広々として開放的な住まいは、誰もが理想とするところ。でも気になるのが、「部屋の快適性」や「エアコン効率」ではないでしょうか。広くしたために、夏暑く冬寒い・・・、毎月の電気代がかさむ・・・、といったことでは目も当てられませんよね。なかでも吹き抜けはエアコン効率を下げる間取りとして、要注意と聞くことも。
ですが、性能の高いZEHであれば、たとえ吹き抜けであってもそうした心配はご無用です。真夏や真冬にエアコンを付けっぱなしで過ごしても、年間を通してみれば電気代は自家発電分でまかなえてしまうのです。
 
 
 

断熱性能を高める「硬質Aウレタンフォーム」

なぜ吹き抜けのような大空間をつくっても【創エネ電気量≧使用電気量】が実現できるのか。そのポイントの1つが「断熱性」です。部屋の熱がどんどん逃げてしまうと、いくら創っても電気は足りなくなってしまいますが、しっかり断熱をすることで電気の消費量を抑えられ、【創エネ電気量≧使用電気量】が可能となります。
八幡が使用している断熱材は、「硬質Aウレタンフォーム」という特殊なもの。家全体をこの特殊素材で覆うことでまるで魔法瓶のような家となり、夏も冬も、冷気や暖気が格段に逃げにくくなります。
さらに八幡では、「高性能サッシ+複層ガラス」を採用。部屋の熱は窓からもたくさん失われますが、「中空層」を挟んだ複層ガラスなどを用いることで、熱を室内に留めやすくしています。
 
 
 

専属大工の確かな腕で気密性を高める

ZEHの家にするには、創エネと断熱だけでは不十分です。もしも、せっかく高級なダウンジャケットを着ているのに、穴が空いていたらどうでしょうか。熱が穴から逃げてしまい、ダウン内部の暖かさは失われてしまいます。そこでもう1つ重要となってくるのが、「気密性」です。家のすき間をできる限り無くし、気密性を高めることで、冷気や暖気は逃げにくくなるのです。
気密性を高めるのに欠かせないのが、職人の技です。八幡には腕のいい専属大工が大勢いて、長年培った経験と技術をもとに、すき間がほとんどない高気密な住宅を丁寧に生み出しています。
 
 
 

八幡のC値は全棟「0.5」以下を実現

家の気密性は、「C値」という値で表されます。C値が「2.0」であれば高気密な住宅として認められるのに対し、八幡はそれを大きく上回る「0.5」以下を実現。住宅の構造体の開口部(サッシとドア)の工事完了時には一邸一邸の気密を測定し、C値0.5以下を達成しているか確認しています。それは「性能報告書」というカタチで、お客さまに見える化しているのもポイントです。
 
SHARE
まず何をしたらいいか、分からない方に!

うちマッチ

コンシェルジュ