新築は「南向き」にこだわらなくてOK。方角ごとの特徴を解説

間取りのアイデア
公開日  2021/09/23
最終更新日  2021/09/23

「南向きの土地は日当たりがよさそう」と考えて、賃貸と同じ感覚で南向きの土地にこだわって探す方も多いのではないでしょうか?

しかし、家を建てるベストな方角は、住む人の「ライフスタイル」によって異なります。
今回は、土地探しのヒントとなる、家の方角について考えていきましょう!

 
 

「南向きがベスト」は誤解?

賃貸物件の広告でよく見かける「人気の南向き物件!」の文字。
 
南向きの部屋は、太陽光が届きやすいため、明るくなります。
そのため、「南向き」を譲れない条件として部屋探しをする人はたくさんいます。
 
 
しかし、家づくりの土地探しでは、「南向き」が必ずしも最適とは限りません
南側が通りに面していると、間取りによっては、玄関が南側、LDKが北側になってしまいます。
 
逆に北側が通りに面していると、玄関を北側にして、LDKを南側に配置する間取りを描きやすくなります。
 
 

ベストな方角は間取りによって変わる!

 
家を建てるベストな方角は、「どんな間取りにしたいか」で変わってきます。
つまり、家を建てるベストな方角を知るには、どんな間取りにしたいかをイメージする必要があります。
 
ここからは、方角ごとのお部屋の特徴をご紹介します。
ぜひ、マイホームの間取りを想像しながらご覧ください!
 
 

南向きの部屋

南向きの部屋は、自然光がたっぷり差し込むのが特徴です。
 
日当たりがよく明るい時間が長いため、上手に採光を確保すれば、日中は照明いらずで過ごせる場合も。
家族が長い時間を過ごすLDKにぴったりな方角です!
 
ただし、窓の大きさやひさしの有無をよく検討しないと、夏場は日差しが強すぎて暑くなってしまうことも。
デザインだけでなく、過ごしやすさも考慮して空間作りをしましょう。
 
また、「日中家を留守にする時間が長いので、LDKの日当たりは気にしない」という方は、南向きのLDKにこだわる必要はありません。
どちらかが専業主婦(夫)だったり、在宅ワークが中心だったりといった場合は、南向きLDKが◎
 
 

東向きの部屋

東向きの部屋は、朝日が入りやすいのが特徴です。
 
寝室を東向きにすれば、朝日とともに気持ちよく目覚められますよ!
朝早くから活動したい方や、規則正しい生活を送りたい方におすすめです。
 
ただし、午後からは太陽光が入りくいため、照明器具が必須な場合も。
また、夏場は涼しく過ごしやすいですが、冬場は日中も寒さを感じやすいのも特徴です。
 
寝室に在宅ワークスペースを併設する場合などは、東向きの寝室にこだわらなくてもいいかもしれません。
 
 

西向きの部屋

西向きの部屋には、夕方から強い西日が差し込みます
東向きの部屋とは反対に、午後から夕方にかけて日光が入りやすい方角です。
 
強い西日は、一般的に敬遠されがち。
西日の影響で、壁や床が日焼けしてしまうリスクも
 
そのため、西側に大きな窓を設けるのはおすすめできません。
もし窓をつける場合は、カーテンやロールスクリーン必須と考えましょう。
 
西側の部屋は、窓は小さめに作るのもおすすめです。
 
 

北向きの部屋

北向きの部屋は、日差しが少なく、室内の温度変化が少ないのが特徴です。
 
夏場は涼しく過ごせますが、冬場は寒さを感じやすいでしょう。
日中でも暗くなりやすいため、照明は必須ということがほとんどです。
 
しかし、北向きの部屋も工夫次第で快適な空間にできます。
 
例えば、北向きに玄関や階段を作る場合。
吹き抜け空間にし、高い位置に窓を設ければ、北側でも光を採り込めます。
 
日当たりだけで判断せず、方角の特徴を生かす手はないか住宅会社へ相談しましょう!
 
 

住宅会社と一緒に土地探しをしよう

 
東西南北、どんな部屋にもメリットとデメリットが存在します。
大切なのは、家族の生活スタイルにあった方角、間取りを考えることです!
 
自分たちにぴったりの土地を見つけるために、まずは住宅会社に相談しましょう。
住宅会社と一緒に土地探しをすれば、間取りの希望も踏まえて、土地の善し悪しをアドバイスしてもらえます。
 
プロの力も活用しつつ、家族にとって一番いい土地を見つけてください♪
SHARE
まず何をしたらいいか、分からない方に!

うちマッチ

コンシェルジュ