徹底解説!家族全員が「大好きな場所」になる家を建てるコツ

注目の住宅会社
公開日  2021/03/29
最終更新日  2021/03/29

私たち家族の「らしさ」を考えよう!

山下建設 >> https://uchimatch.com/company_profile/3541/introduction

 

せっかく憧れの注文住宅を建てるのだから、家族全員が大好きな場所になるような家を建てたいですよね。

だからこそ家を建てるときは、今一度「家族のこと」をじっくり考えてみましょう。

趣味や好きな料理、ファッション、休日の過ごし方や将来の夢…。

好きなものはもちろん、こんなことは嫌だな、ということまで、考えてみてください。

そうすると、おのずと「こんな家にしたい」という希望が見えてくるはずです。

もしわからなくても大丈夫。

山下建設株式会社(通称:やまけん)との打ち合わせのときに、設計士話してみましょう。

思わずニコッとしてしまうアイディアや工夫をはじめ、センス溢れる提案をしてくれます!

だってやまけんはみなさんの「自分らしさ」を大切な住まいをカタチにするためにあるんですから。

 

 

 

「健康」「安心」「安全」がキーワード

 

家をつくるにあたって、こだわりは数知れず。

その中から悩みに悩んで厳選したポイントは、「健康」「安心」「安全」

耐震性はもちろん、空気の通気性なども考える様にしましょう。

やまけんでは床には肌触りのいい無垢材、壁には消臭・調湿効果を期待できるホタテ漆喰を用いて、家全体が深呼吸する心地よい暮らしを提案しています。

また、骨太の構造材と耐震パネルにより、がっしりとした住まいを保証しています。

それでは具体的にやまけんがこだわりをご紹介します!

 

 

居心地のよさと家族の健康を守る「自然素材」

健康のためにも人に優しい素材にこだわりたい。

床・壁などいつも肌に直接触れるところだからこそ、やまけんは自然素材をおすすめします。
無垢材は湿気を吸収するため、夏はさらっとした感触で、冬はほっこり暖かい、そんな足触りにやさしい素材です。

スリッパを履かなくても心地よく過ごすことができて、小さなお子様がいる家庭にもおすすめです。

木がつくり出す木目や節も味わい深く、無垢材ならではの魅力。

また、合板フローリングにはない色の経年変化も楽しみのひとつ。

住めば住むほど愛着が湧き、次の世代へ残していける住まいが実現します。

やまけんでは、無垢のチーク、オーク、パインなどなど、たくさんの樹種を用意しています。お好みの素材を使って、MY STYLEな家に仕上げましょう!

内装の仕上げにはホタテ貝殻を原料とした漆喰をおすすめしています。

ホタテの貝穀の成分は、炭酸カルシウム。

化学物質を一切含まない天然の原料だから人に優しく安全です。

部屋の湿度に応じて水分を吸ったり吐いたりする調湿効果があり、通気性にも優れ、結露やカビの発生を防いでくれます。

また消臭効果もあるため、部屋にいつも深呼吸したくなるような心地よい空気が流れます

 

 

 

構造と耐震性能

 

吹き抜けリビングや大開口の窓を設置したときに気になるのが耐震性能

やまけんで採用している耐震工法は、2×4工法(枠組工法)のような壁面で支える工法を兼ね備えた合理的な耐震工法です。

デザインや形状、間取りなどの自由度が高く、狭小・変形地など難しい敷地での対応や、窓・壁の位置、リフォームなどにも対応がしやすいのが魅力!

 

主要構造部である土台と柱は、家を支える大切なところ。

だからこそ構造材の産地からこだわり、神奈川の風土に馴染んだ近県材の「富士ひのき」を採用しています。

乾燥室で、低温でゆっくり乾燥し、1本1本含水率と強度を測定。

厳格な基準をクリアしたもののみが、やまけんの構造材として採用されます。

部材に印字された数値とマークが信頼の証。住宅品質確保促進法(品確法)に適合した無垢の構造材です。

 

 

建物耐久性を高める「外壁通気工法」

 

外壁と構造躯体との間に空気が流れる通り道「通気層」を設けることにより、室内で発生した湿気を壁体内に留めることなく外部へ自然に逃がしてくれます。

湿気を逃がすことで、壁体内で起こる結露(内部結露)が抑制され構造体でのカビの発生や腐朽、また断熱性の低下を防いで、建物自体の耐久性を向上させることができるんです!

ずっと丈夫な家でいられるポイントでもあります。

 

 

真夏の陽光から居住エリアを守る「屋根通気遮熱工法」

 

家は真夏の強烈な日差しから、家族を守ってくれています。

では家はどうやって守ればいいのでしょうか?

その答えは、屋根と断熱材の間に熱線反射アルミ特殊部材を入れること!

アルミの効果で太陽の熱を反射させ、さらに「通気層」が有ることで熱が伝わりにくくなります。

これで屋根からの熱の侵入量を最大50%削減、小屋裏の温度が最大10℃も下げることができるんです!

最近は収納や書斎スペースなどで小屋裏なども有効活用する場合が多いので、これは嬉しい効果ですよね。

この屋根通気遮熱工法の一番優れたポイントは、過酷な環境下での温度変化を和らげ通気層で湿気を効果的に逃がすことで結露を抑制して、屋根下地材でのカビの発生や腐朽を防げること。

家を建てるときに家が傷まないような工法は、将来「やっててよかった」と思える日が絶対に来ます!

 

 

 

 

まとめ

家族全員が「大好きな場所」になる家にするためには、

・家族一人ひとりの好み

・健康に配慮した家づくり

・安全で安心して暮らせる構造性能

がとっても大切になります。

一生に一度の家づくり、妥協せずに、思いっきりMY STYLEな家を建てましょう!
素材にこだわり、基礎や構造にこだわり、アフターサービスにこだわって、居心地がよく暮らしやすい住まい。そしてずっとずっと末永くお付き合いが続く家づくり。

やまけんは頑張ります!

 
SHARE
まず何をしたらいいか、分からない方に!

うちマッチ

コンシェルジュ